マリーのエンジェルトーク*Eternal White*

天使が集う癒しのお店ディアハートのオーナーセラピスト・マリーのブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スーパー十六夜

昨夜は雨で、
スーパームーンが全く見れず、

残念な夜でしたが、

今夜の月は、とってもキレイ


ウルトラスーパームーン


スーパー十六夜です



  人気ブログランキグ
ランキングに参加しています。
ポチッと応援下さると嬉しいです!



photo_shop.jpg
    天使が集う癒しのお店・東京
    ディアハート公式サイト

 

    個人セッション&講座

  個人セッション
   守護天使の愛とサポートを受け取って
   自分らしく心豊かに生きましょう。

  天使と癒しの講座
   天使と癒しの両方を体感するマリーの
   エンジェルレッスンです。


【 2016/11/15 】 ダイアリー | TB(-) | CM(0)

ハドソン川の奇跡

今日は、久しぶりに映画のお話しです。

こちらを観tきました。

ハドソン川の奇跡


今から7年前、実話を元にした
クイント・イーストウッド監督の作品です。

内容は、わかりすくシンプルです。

鳥の大群によって飛行機の両エンジンが停止し、
近くの空港に引き返さず、機長のとっさの判断で
ハドソン川に着水させて、乗客155人全員の
命を救ったというお話です。

原題は、「ハドソン川の奇跡」ではなく、

「Sully(サリー)」 

この映画のテーマは、奇跡の生還ではなく、
事故後のサレンバーガー(サリー)機長の苦悩と
葛藤を描いているところにあります。

「奇跡」ともてはすメディアのギャップに反して、
事故調査委員の審議の目が向けられます。

空港に引き返さず、川に不時着した
「彼の判断は果たして正しかったのか?」

シュミレーションで事故と同じ状況を作り出し、
その答えを導きだそうとします。

その結果、主人公の人間性と

「人が人を救い
奇跡は、人々が起こす」

ということに気づかされます。

最後の最後まで淡々と描いていたので、
登場人物の感情がすんなり入ってきます。

役者さんたちの演技も素晴らしかったです。

エンドロールの音楽も心地よくて、

「Flying Home (Theme from 'Sully')」

この作品の本質と余韻を十分に残すような
素敵な音楽で締めくくられました。



今日もあなたらしい一日を 


  人気ブログランキグ
ランキングに参加しています。
ポチッと応援下さると嬉しいです!



photo_shop.jpg
    天使が集う癒しのお店・東京
    ディアハート公式サイト

 

    個人セッション&講座

  個人セッション
   守護天使の愛とサポートを受け取って
   自分らしく心豊かに生きましょう。

  天使と癒しの講座
   天使と癒しの両方を体感するマリーの
   エンジェルレッスンです。


【 2016/11/07 】 映 画 | TB(-) | CM(0)