マリーのエンジェルトーク*Eternal White*

天使が集う癒しのお店ディアハートのオーナーセラピスト・マリーのブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたを抱きしめる日まで

今回、取り上げたいのは、事実に基づく作品
「あなたを抱きしめる日まで」です。



1952年アイルランド。
10代で未婚のまま妊娠した女性フィロミナは
修道院に入れられ、そこで息子を出産します。

その後、息子が里親に出され、消息不明のまま
50年経ち、彼女が息子を探す(過去と向き合う)
旅に出るというストーリーです。

当時、未婚で妊娠した女性は罪人のように扱われ、
出産しても自分で子どもを育てることができない
時代でした。

その多くはアメリカに里親に出されたようですが、
ようは修道院が人身売買をしていたというのが
本当のところ。

その過程が、謎解きのように次から次へと
展開していくので、ちょっとしたサスペンスを
観ているような感じで引き込まれます。

結局、最後はまわり回って…。

罪とは何か?
それを赦すとは?

実話なので、実際のフィロミナさんご本人は
今もご健在だそうです。

結局、どんな立場の方にも”エゴ”は存在するし、
それを赦すことができるのか?

重たくなりがちな内容を、あえてサラッと
演じてみせたジュディ・リンチが素晴らしいです。


人気ブログランキグ

ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援下さると嬉しいです!



個人セッション・レッスン講座
レンタルギャラリー&委託販売募集中! 

【 2014/04/15 】 ダイアリー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。